愛知県岡崎市 整形外科,リウマチ科,エコーガイド下筋膜リリース,筋膜性疼痛症候群(MPS), トリガーポイント

 愛知県岡崎市 整形外科,リウマチ科,エコーガイド下筋膜リリース ませぎ整形外科

院長のブログ

院長のブログ

2016年11月15日(火)
2016年11月06日(日)
2016年10月05日(水)
2016年08月07日(日)
2016年06月26日(日)
2016年06月10日(金)
2016年06月05日(日)
2016年05月29日(日)

膝痛の患者さんは大勢います。

前方、後方、内側、外側 上方、下方いろんな所に

痛みが出ます。治療の難しい方も確かにいます。

本日は膝周辺軟部組織による疼痛第2弾。

膝の裏あたりが痛いでもふくらはぎも痛い。しかし膝は一応曲がる。

歩きにくいんだよ。とおっしゃる方もいます。

古典的には腰からの坐骨神経痛でしょうと言われることが多かったと

思います。しかし痺れはありません。腰も痛くはありません。

さて原因は?

圧痛点を探してみると大腿部遠位1/3位の所にありました。

そうですここは麻酔科的には膝裏での坐骨神経ブロックを行う所です。

例により坐骨神経をエコーにて同定し、慎重に液性剥離します。

すると劇的に改善する事がままあります。

難点は筋肉や脂肪の厚い方はよく見えないので難しいことです。

%e5%9d%90%e9%aa%a8%e7%a5%9e%e7%b5%8c%ef%bc%91

%e5%9d%90%e9%aa%a8%e7%a5%9e%e7%b5%8c%ef%bc%93

 

 

シーソーサインの出るところより少し上です。

腰も痛くはないしはっきりしたしびれもないのに

膝裏からふくらはぎが痛い人は簡単に良くなるかもしれません。

お気軽にご相談ください。

ただ必ず成果があるとは限りませんのでご了承ください。

この分野は現在進行形で日進月歩の世界です。

痛みの除去が原因推定に結びつきますのでやりがいのある分野でも

あると思います。

 

 

 

 

 

膝痛は関節内の骨や半月板だけが原因ではありません。

重度の変形にはもちろん手術や装具などの治療も必要でしょう。

しかしレントゲン上変形が軽度であったりヒアルロン酸関節内注射が

無効であったりする方も多いですね。

本日は膝の痛みの中でちょっと不思議ですが

結構頻度の高い神経あるいは筋肉などによる痛み

についてお話します。(骨や半月板断裂は含みません)

第一回目は腓骨神経です。有名な腓骨神経麻痺とは

異なりしびれや運動麻痺のことではありません。

突然あるいは短期間で膝が曲がらなくなるという

ちょっと不思議な痛みです。関節水腫や筋肉が原因で曲がらない

こともあります。これらがない時には腓骨神経周囲の筋膜性疼痛

かもしれません。

%e8%85%93%e9%aa%a8%e7%a5%9e%e7%b5%8c%ef%bc%91

%e8%85%93%e9%aa%a8%e7%a5%9e%e7%b5%8c%ef%bc%92

膝の裏をエコーで覗いてみると色んなものが見えます。

この中で大腿骨外顆近くの総腓骨神経を見つけます。

結構強い圧痛を伴う場合は怪しいです。

ここで出番なのがそうですエコーガイド下注射です。

上の写真でもわかるように針先で神経周囲を剥離します。

効果てきめんの方も多く、マジックのようだとおっしゃられる

人もいます。ただし個人差もあります。

膝の裏が痛くてうまく曲がらない、うまく歩けない人は

簡単に治るかもしれません。

気軽にご相談ください。ただほかにも原因は多数ありますので

きめ細かい診察技術が必要なことは言うまでもありません。

img_0208

さて長年J1でそこそこ頑張っていたグランパスが

危機!ということでいてもたってもいられず、11月3日

応援に行ってまいりました。当日は快晴でしたが冷たい風が

吹いていました。しかしサッカーには最適な日和だったと思います。

このサッカー日和に大活躍したのが残念ながら湘南ベルマーレでした。

試合内容はご存知のようにふがいないものでチームによっては暴動が起きても

おかしくないかもです。この試合を見る限り当分上には上がってこれない

だろうと思います。

まず来年はチームとして意識の改革を一から始めてもらいたい。

実力はそのあとかなと厳しい感想を申し上げ皆さんとともに来期も応援に

行きますので頑張ってもらいたいですね。

さて表題の肩の夜間痛です

これはいろんな説があり骨頭内圧の上昇や、上腕二頭筋腱腱鞘炎の関連など

色々言われていましたが昨年度から当院では棘下筋/三角筋のリリースにて

改善する患者さんがみえるのでこれかなと思っていましたが、大御所の先生も

そのようなことがあるとおっしゃられていました。ただ全員ではない

ようです。しかしその近傍に疼痛原因があることが多いと思います。

疼痛改善が思うように改善しない方は筋膜リリース(1~3回くらいか)

で改善する方もしばしばあります。ただリリースの対象には

棘下筋筋内の異常や上腕三頭筋筋膜のこともあります。

鑑別は一筋縄ではいかないこともありますが夜間痛は不眠にもつながり

不快でありますので困っている方はお気軽にご相談ください。

%e4%b8%89%e8%a7%92%e7%ad%8b%e6%a3%98%e4%b8%8b%e7%ad%8ba

%e4%b8%89%e8%a7%92%e7%ad%8b%e6%a3%98%e4%b8%8b%e7%ad%8bb

20161129%e4%b8%89%e8%a7%92%e7%ad%8b%e6%a3%98%e4%b8%8b%e7%ad%8bc%ef%bc%91

別の患者さんですがyuotube動画です

リリースする筋膜がはっきりわかります。

 

 

肩峰下滑液包や上腕二頭筋長頭腱腱鞘注射と組み合わせると

一層効果的です。以下は通常の肩峰下滑液包注射および

上腕二頭筋腱腱鞘内注射です。

 

 

 

 

 

これら以外にもいろいろな方法があると思いますが、なるべく苦痛を

早く取り除き、運動療法、マッサージなどの効果的な治療を継続して

一刻も早い改善を目指しております。

 

 

 

 

 

 

 

最近巷で話題(ちょっと遅いですが)映画「君の名は」を
勇気を振り絞って観てきました。若い方もいれば若くは見えない方もいて安心しました。興行収入ではジブリ作品の風立ちぬを抜いたとのことで大成功のようですね。
自分解釈ではストーリーはとても濃く、随所で一コマ一コマに
意味を持たせてあるとてもいい作品です。元気に生きていればこんなにも簡単に感動を与えてくれる芸術があることに驚きです。

%e5%90%9b%e3%81%ae%e5%90%8d%e3%81%af

いくつになっても感動を与えてくれる芸術に感謝し明日からの

糧にしたいです。

 

baneyubi

よく耳にする腱鞘炎についてちょっと考えてみました。

指や手首によく見られる腱鞘炎は使いすぎって言われることも多いですが

実際は特に女性においてホルモンバランスが崩れる出産後や更年期に頻発します。

実はこれらの方は手根管症候群も併発しやすいようです。

腱滑膜

腱鞘にも手根管にも滑膜が存在しこれが腫脹するといわゆる腱鞘炎に、また

手根管症候群になりやすいわけです。

原因は似たようなものではないでしょうか?

治療はどうでしょうか?過去より使いすぎに気を付ける、テーピングや

サポーターなどがありますが少し悪化するとなかなか治りませんね。

そこで整形外科では難治性の方には少量ステロイドの注射、手術などが行われます。

でもどちらもちょっとしたコツがいると思っております。

まず注射では腱鞘内に薬が入らなくてもそこそこ効きますがやはり

しっかり腱鞘内に入れた方がいいです。エコーガイド下にも行いますが

コツがわかればエコーなしでもほぼうまく入ってることが注射後のエコー

の観察でわかりました。麻酔薬を混ぜて1CC弱ですがなんと腱に沿って

手根管内にまで拡散してる方もいました。偶然ではありますが手根管症候群の改善と腱鞘炎の改善が一回の注射にて得られた方もいらっしゃいます。

腱鞘炎1

腱鞘炎2

上のエコー画像のように腱の周りに薬液が注入されたことが分かりますね。

利点は薬液が少量で十分な効果があること、そして腱への針刺入が避けられることですね。

当院では一般に推奨されているように注射は6週間以上開けて3回までとしています。

これも大切な腱を守るためです。(特殊例除く)

次にどうしても治らない人は手術もあります。下の写真は湯本先生の考案されたガイドナイフです。小切開(5~6mm)で十分腱鞘が観察できますので

傷が小さく済みます。

ただごく一部の方は十分な改善が得られず他の治療も必要なことがございます。

 

 

湯本

腱鞘炎でお困りの方お気軽にご相談ください

肩こりは全身性疾患の一つの症状ともいわれます

肩こり

見逃してはならない内臓疾患もあり注意も必要です。

心筋梗塞、肺炎、胆嚢炎などいろいろあります

しかし何といっても慢性の肩こりは筋、筋膜、骨格、靭帯などが

疼痛の発生源となっています。

肩こり雑誌

こんな特集もありました。

この中に興味深い研究もあります。超音波エラストグラフィー

を使って筋肉の硬さを見るものでした。実際に超音波診断装置の

エラストグラフィーの機能を使うと組織の硬さがわかります

ただ慣れが必要で一定の結果が得られるのに少々苦労します。

[20160703]erasto1

上の写真は右側のエラストにて僧帽筋が青く写っています。これは固いという

意味です。そして筋膜に注射した後の写真が下の写真です

[20160703]erasto2

僧帽筋が青から緑そして赤の部分が増えたのがわかります。

筋肉が柔らかくなったのです。

ただ筋膜リリースの方法は注射の他運動やストレッチそして

小道具を使ったマッサージもとても有効です。

DSCN0206

これは小さくて何でもないように見えますが

結構優れものです。当院でも使わせてもらっています。

将来は筋肉のしこりをエコーにて的確に診断しそれに基づいた

治療ができるようになるのではないでしょうか?

ひとえに肩こりといっても色々です。今後の研究も必要ですが

少しでも正しい診断を皆様に提示したいと思っております。

eko-2

上は当院で使っている日立 アリエッタ60

下はサブで使っている日立 アビアス ハイビジョンですDSCN0208

またエラストグラフィーは肩こりのみでなく軟部腫瘍の性質、

肉離れの治癒過程など豊富な情報が得られるのがいいです。

 

 

 

成長期によくみられる膝下の痛みを特徴とするいわゆる骨端症といわれる病気の一つです。

日常的によく遭遇します。しかし十分な理解と状態の把握がなければ将来にわたって痛みを残すこともあり正確な診断、病期の把握、経過もしっかりと見なければいけません。病期によって治療が異なることもあり初期診断、経過観察が重要です。

画像診断としてはレントゲン、MRIが重宝しますが超音波診断もかなり有用だと思っております

オスグッド患側2

オスグッド健側2

どうでしょうか?患側はでこぼこした脛骨粗面の骨表面、膝蓋靭帯の肥厚

ドプラーにて豊富な血流が認められます

このように明瞭に靭帯の状態が把握できることも多くいですね。

当院で治療方針を含め経過観察に被爆の心配もなく繰り返し検査可能な

エコー検査を活用しております

 

誰しも一回は足首の捻挫、そうあのグキッとなるのは経験してると思います。

ねんざといっても色々です。靭帯損傷、裂離骨折また腱の損傷、骨軟骨損傷

などいろいろな事が起こっています。注意すべきことは手術、固定の必要なものは早期に見つけること、そして傷んだ骨、靭帯を正確に診断し、程度を見極めることです。

簡単そうで実は結構厄介です。距骨骨軟骨損傷、不安定な脛腓靭帯損傷、踵骨前方突起、腓骨果の裂離骨片など手術や比較的長期の固定が必要なものがあります。レントゲンだけで「はい、骨は大丈夫です」というのは?ですね。

かといって全員にCT,MRIをするのもちょっと?です。

丁寧な触診と所見から損傷部位を想定してストレスレントゲンを含めた機能撮影とエコー検査が簡便で有効です。

以下エコー画像です。

[変更小児ATFL1

変更小児ATFL2

上の写真は子供に多い腓骨の裂離骨折です。骨片の位置が少し動かすと

変わります。グラグラして不安定な骨折です。こういう方は将来ゆるみが残らないように厳重な固定などの治療が必要です。

変更]断裂1ATFL

変更]断裂2ATFL

上の写真は大人の前距腓靭帯完全断裂の方です。この方も不安定です。

このようにエコーで観察すると結構詳細な所見が得られます。

無侵襲ですぐできる検査ですのでお勧めです。これらで不十分な時には

MRI,CTなどが必要になることもあります。

とにかくただの捻挫と思わず医師にご相談ください。

放置すると重大な後遺症をもたらす「ねんざ」もあります。

エコーの有用性がここでも発揮できるのです。

 

内科、外科を問わずしびれを訴えられる患者さんは大勢いらっしゃいます。

しびれた感じがするだけの人から感覚鈍麻、運動障害をきたした人まで

実に様々です。

原因も腫瘍、膠原病、脳、脊髄障害もあれば頻度の高い末梢神経の病気など

かなり多いです。

本日は頻度の高い手根管症候群についてのお話しをします。

手根管1

これは女性特に妊娠出産期、更年期によく見られます。

人差し、指中指から始まることが多く徐々に親指や薬指にまで

広がっていきます重症になると手の親指の付け根に筋肉の萎縮を

認めることもあります。

夜間、早朝やよく使った後の症状悪化そして特徴的な麻痺の領域が

あれば推定は簡単です。

神経伝達速度による検査も有用です。

ところがここでもエコーが活躍できるのです。麻痺の原因の正中神経は

腋から手首までほとんどの領域で観察可能なのです。

以下がエコー画像です。

正中神経3

正常像です。ぶつぶつしたブドウの房状のものが

神経です

手根管 腫大

神経はやや腫大しその下にある腱周囲が黒く腫れています

 

[20160606]正中 長軸

 

 

慣れれば簡単です。

エコーで観察し神経の圧迫がないかまた神経の腫瘍がないかも

わかることが多いです。

治療は安静固定、注射、手術などです。重症の方は手術がいいでしょう。

しかし軽度の方は夜間の固定や注射(これもエコーガイド下がおすすめ)にて

症状の緩和が得られることが多いです。

まずは正確な診断が重要ですのでしびれで困ってる方はお気軽に

いらしてください。

 

医療の進歩は目覚ましいものがあります。背骨や関節、筋肉、神経など運動や姿勢を維持する臓器を診る科は整形外科とされてきました。

最近総合診療科の先生も多くの患者さんが訴えるこれらの疾患にも造詣が深い先生が増えました。

また普及の目覚ましいエコー装置が後押しいています。

MPSとは何ぞやであった時代があっという間に過ぎ去りました。

非特異的腰痛、肩こり、ひざ痛をはじめ多くの疼痛性疾患が今まで画像上問題なしとされてきたもの、そして今までうまく治らなかった疾患も系統立てて考えられるようになってきたのです。

これは衝撃的ではないでしょうか?

整形内科1

整形内科2

このような書籍もとても人気です。

アプローチが今までのレントゲン、MRI、身体所見の方法の上に十分な運動力学の知識、筋膜、筋肉の相互作用の点、エコーを使った診断、治療など

とにかく目が点です。

もちろん今までの整形外科学を基本とし、

新たにエコーを使いこなして初めて解決できる今までよくわからなかった多くの病気に対応する時代がやってきました。

ただ医師の技量、経験、知識にはばらつきが大きく一朝一夕に使えるものではないです。皆様の期待に沿えるよう頑張りたいです。

豊富な情報を与えてくれるエコー、そして患者様に感謝です。